読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拾年先の折は

言葉の言枝の言幹の言根の植わった土を翻訳するために。

ぎりぎり

拾月二日の更新を跡づける。

本ブログは追記あり修正ありのアーカイブスですので。
 

その声は鳩舎から

海溝から廃炉から

響いてくる

わたしは吽のしっぽの付け根のあたりを噛み切った

口蓋と舌頭の間で

跳ね回るしっぽ

その言い難い柔和さ

極細の骨の配列

歯の裏を叩く

 

またその声は車轍から

毛氈から衛星から

わたしは意地悪く聞く

目にも見えない耳をどうして信じる

吽のしっぽが活を失ってぐったりすると

舌面をうまく傾けて喉元へ唾液の流れを作る

しっぽは最期に飛び上がる

それは手遅れ

分水嶺まで流されて

すれ違いになった二疋目の吽を卑怯に見やる

胃袋に落ちたしっぽのぽちゃんという音を

蠅を払うかのように

吽はしっぽで一振りする

 

「幼牛」

 
言葉の言枝の言幹の言根の植わった土を翻訳するために。