読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拾年先の折は

言葉の言枝の言幹の言根の植わった土を翻訳するために。

1

曇り、ときに青空が見える。洗濯を済ませた。女物の靴下が二足、男物が一足わずかに揺れている。体調はあまりよくない。前日の徹夜だろう。少し睡眠が足りない。体重は83キロ弱。多すぎるので減らすべき。昨夜はBob Dylanの1966年のライブ音源でLike a Rolling Stoneを聴いた。若いからかシャウト多め。もう少し枯れている方が好きだ。

 

www.youtube.com

 

昨日の授業の反省。時間読みが甘かったこと。予定進度を三割ほど残した。不定詞動名詞の意味論的違いを大掴みに説明し、動詞との組み合わせで生じる文意の差を考えさせるのには成功したと思う。ハンドアウトは良かった。しかしまだspeakingに持っていけていない。同僚のK先生はspeaking実践のために飛行機内の座席図などの材料を用意していると知った。授業冒頭も英語で行うという。また、初対面のN先生は、英語でディベートの授業を行い、好感触だったという。受講生の水準がわからないが、やはりゲーム性はモチベーションにつながるようだ。それにしても同僚の先生方には企業人が多い。大学畑出身のほうが珍しいというのも珍しいように思う。

 

Knapp, Visual and Ethical Truth in The Winter's Tale. 2004.

E. Levinasの「他者性」の認識論を多く援用し、Leontesの煩雑なspeechを他者認識の地獄の表れとして解釈を進めている。Levinasの理論に傾きすぎるきらいがあるために主張がわかりにくいが、結論としてはLeontesの下した他者の規定判断は自己認識の反映であるため、「真実」を再選択することができるということ。前半三幕で下した偏執的判断を、また別の認知経路から認識し直すところに最終幕での救済がある、というところか。興味深く思うのは、Leontesの経験する認知システムを観客読者も複製するという指摘。読み込み不足のため、おおよその理解。

 

 

秋待つものうい覚書

metamodernismとはつまるところ、電灯にぶつかりつづける夏の虫。

光源に留まることもできず、暗闇に安住することもできず、

プラスチックカバーに頭打ちつけてすり減らすだけの夏の虫。

痛みはないが、切なさがある。

詩と散文の心得

枯れない泉か枯れ井戸に詩人は注連縄で社を構える
秘密の水源を探して方々を往くのは散文家である。
まして妖精の泉があるのだなどと嘯くものが詩的なものへと零落する。
詩的なるものは詩から最も遠い、そう至言する詩人は家人の目覚めぬ未明に枯れ井戸へ身投げする。

lack star

重圧がぼくを押しつぶす

重圧がきみを押しつぶす

すがれる者はない

 

重圧に押しつぶされて

建物が崩れ落ち

家族がはなればなれになる

 

人々は街にひしめき合って

 

でも大丈夫

 

怖いんだ、この世がどんなところかわかったから

絶叫する親友をだまって見てることしかできないから

 

「出してくれ!」

 

祈ろう、明日ぼくが立ち上がれるように

 

人々を押しつぶす重圧が、街をおおう

 

でも大丈夫

 

そこら中に散らばったーー床に散らばったぼくの脳みそを蹴散らしてくれ

このごろは雨も降らないのに土砂降りなんだ

 

街にひしめく人々

街にひしめく人々

 

怖いんだ、この世がどんなところかわかったから

絶叫する親友をだまって見てることしかできないから

 

「出してくれ!」

 

祈ろう、明日ぼくが立ち上がれるように

高く立ち上がれるように

 

人々を押しつぶす重圧が、街をおおう

 

盲者のふりして目を背けて

フェンスにぼけっと腰掛けたままで それでどうなる 

 

愛を胸に立ち続けた者は

切り裂かれ、引き裂かれた

 

なぜだ なぜなんだ?

 

愛はある 愛はある

重圧に押しつぶされて壊れていくぼくらを、狂気が嗤うけど

 

もう一度ぼくらにチャンスをやれないか

もう一度愛にチャンスをやれないか

愛にあげよう 愛をあげよう

 

愛なんて旧時代の言葉だろう

だから愛はきみに大事にされたいと迫るんだ

街にひしめく人々が闇夜の突端に立たされている

愛は街にひしめく人々に変わらなければと迫るんだ

ぼくら自身を大事にするように

 

いま最後のダンスを

いま最後のダンスを

ぼくたちは舞台に立ち続ける

重圧に押しつぶされても

重圧に押しつぶされても

 

 

Pressure pushing down on me

Pressing down on you

No man ask for

 

Under pressure

That brings a building down

Splits a family in two

 

Puts people on streets

 

Um ba ba be

Um ba ba be

De day da

Ee day da - that's okay

 

It's the terror of knowing

What the world is about

Watching some good friends

Screaming

 

'Let me out'

Pray tomorrow gets me higher

 

Pressure on people people on streets

 

Day day de mm hm

Da da da ba ba

Okay

 

Chipping around - kick my brains around the floor

These are the days it never rains but it pours

 

Ee do ba be

Ee da ba ba ba

Um bo bo

Be lap

 

 People on streets

 ee da de da de

 People on streets

 ee da de da de da de da

 

It's the terror of knowing

What this world is about

Watching some good friends

Screaming

 

 'Let me out'

 

Pray tomorrow - gets me higher

Higher

High

 

Pressure on people people on streets

 

Turned away from it all like a blind man

Sat on a fence but it don't work

 

Keep coming up with love

But it's so slashed and torn

 

Why - why - why?

 

Love love love love love

Insanity laughs under pressure we're breaking

 

Can't we give ourselves one more chance

Why can't we give love that one more chance

Why can't we give love give love give love give love

Give love give love give love give love give love

 

Because love's such an old fashioned word

And love dares you to care for

 

The people on the (People on streets) edge of the night

And loves (People on streets) dares you to change our way of

Caring about ourselves

 

This is our last dance

This is our last dance

This is ourselves

Under pressure

Under pressure

Pressure

 

Black Star

ジギーがギターを弾いて ウィアードとギリーが合わせると

スパイダーズフロムマーズの音が鳴ったんだ

ジギーはレフティーでも

抜群にいい音だった

だから特別だった おれたちはジギーのバンドだった

 

ジギーは声もよかった クシャッと目をしかめてバリッとキマった髪型で歌いあげるんだ

日出ずる国からやって来たとでもいうか ニコッと笑うだけで客を痺れさす

圧倒して釘付けにしちまう

うなぎのぼりに成り上がった ナニもでかいし、肌も雪のように白い

 

スパイダーズの居場所はあるか? ブンブン調子づいたハエが1匹でおれたちを踏み台にしようってのに

ビールに呑んだくれるのがおれたちの希望か?

あいつのファンを腐しもするさ それともきれいな両手ぶっつぶしてやればよかったかな

 

あいつは栄光をひきずってた おれたちはヴードゥーだなんてうそぶいて

バカなガキども相手に救世主気取りだった

ケツの形はよかったけどな

度を越してやりすぎたんだよ ギター弾くしか能のないガキが

 

てめえのエゴとまぐわって頭がイッちまったんだ

らい病みに乞食する救世主さ

あいつはガキどもにつぶされたからもう解散するしかなかったんだ

 

ジギーはギター鳴らせたのにな

 

Ziggy played guitar, jamming good with Weird and Gilly,

And the spiders from Mars. He played it left hand
But made it too far
Became the special man, then we were Ziggy's band

Now Ziggy really sang, screwed up eyes and screwed down hairdo
Like some cat from Japan, he could lick 'em by smiling
He could leave 'em to hang
'Came on so loaded man, well hung and snow white tan.

So where were the spiders, while the fly tried to break our balls
With just the beer light to guide us,
So we bitched about his fans and should we crush his sweet hands?

Ziggy played for time, jiving us that we were voodoo
The kids was just crass, he was the nazz
With God given ass
He took it all too far but boy could he play guitar

Making love with his ego Ziggy sucked up into his mind
Like a leper messiah
When the kids had killed the man I had to break up the band.

Ziggy played guitar

ラムズ

ラム姉弟のTales from Shakespeareは日本のシェイクスピア受容最初期においてきわめて重要なのだけれど、その受容の有様について本格的に研究された跡がない。

上演研究の上では、たとえば1885年の大阪戎屋の中村宗十郎一座による「何桜彼桜銭世中」は、「ヴェニスの商人」の原作本ではなくラム版を底本にして翻案しているとか、ラム本の影響力はつぶさに指摘されている。

が、当のラム本の翻訳とか、ラム本の翻訳が後の原本翻訳に及ぼした影響とか、ラム本が少年少女(とくに少女)に読ませるにあたって不健全と思われるものを除外し<検閲した>翻案テキストであることとか、シェイクスピアはそのように変形されて受容されていたのに、その変形を追求した研究した論がまるで見当たらない。

もちろん洋書としてシェイクスピア全集は早くから輸入されていたから、一部の特権的知識人の間ではそのような変形の流通など問題にならなかったのだろうが。。。

しかしシェイクスピア戯曲の受容と翻訳をテーマに扱うならば、このいびつな輸入流通期は重要。

なんせ明治期の混沌とした翻訳文体論の一大実験場がラム版シェイクスピアであり、その翻訳の熱視線の盲点には、ラム姉弟が<書かなかったこと>が確実に醸成されるエシカルシェイクスピア観を転覆せしめんと息を殺していたはずなのだよ。

グイエ 終

しばらく読んだり読まなかったりしていたグイエの演劇論を無理やりまとめる。

 

役と俳優の二つの人格を観客が同時に眼差すことを看破する第4章と、その思考の極点として展開されるマリオネット論。

人形は俳優と姿形を共有しないが、俳優の「行動」は人形をもって受肉化する。演技が行動にもたらすこの「振れ幅」を観客は享受する。

 

第5章では役を人格と類型で区別し、劇および悲劇が根ざすのが登場人物の固有の人格と個人史であり、またそれらへの観客の共感であると置く一方で、

共感を遮断する類型の発露、個人史を喪失し喜劇誕生(上演)の度に何度でも新たな生を生きる類型の偏在に喜劇を成立させる本質があると定義する。

ハムレットは悲劇の個人史だが、ハムレットのような男がそこにいれば、それは喜劇である。

言葉の言枝の言幹の言根の植わった土を翻訳するために。